医学部

医学科

医学部 医学科 4学年
田岡 慶大さん
香川県 高松高校出身

基礎から臨床まで全ての学びを生かし
患者さんに信頼される医師になりたい

医師として患者さんに全身全霊をささげる父を尊敬し、小さい頃から医師を志してきました。本学科では多くの学習量が必要で、自学も欠かせないのですが、全てが将来につながるため一つ一つの学びや気付きを大切にして、全力で学んでいます。4学年の「症候・病態学演習」では、患者さんの話と身体所見、症状をもとに治療方針を探ります。それまで学んだ科目を統合して実践的に考えることができ、グループワークで視野が広がるのも魅力です。医師でもある先生から、現場では教科書どおりの症例になることは多くないと聞き、基本を十分に理解した上で柔軟に幅広く考えることの重要性を認識しました。確かな知識と技術を基に、患者さんやご家族の気持ちを大切にしながら治療できる医師を目指します。

看護学科

医学部 看護学科 2年次生
賀村 奈生さん
福岡県 筑紫丘高校出身

病気だけではない、患者さんの不安を
理解し支えていく重要性を学ぶ

医療職である身近な家族の姿を見て、私も人を支える仕事に就きたいと看護の道を選びました。総合大学は出会いが多く視野も広がると思い本学へ進学。「老化と看護」で高齢者の心身の特徴と看護技術を学んだ後、病院の実習で、ある高齢の患者さんを担当しました。その方との会話を通して、例えば退院後の生活の不安といった病気以外の事情も理解し、心に寄り添う重要性を痛感しました。またどんな時も、患者さんを第一に行動する看護師の姿勢も学びました。所属するメンタルサポート研究会で、学生相手に話を聞く訓練をしていたことも実習に生かされたと思います。知識が増えることで視野が広がり、将来は看護師や保健師、養護教諭などさまざまな可能性があることを感じています。

関連リンク