理学部

応用数学科

理学研究科 応用数学専攻 1年次生(飛び級)
宮本 萌々 さん
鹿児島県 加治木高校出身
※応用数学科3年次修了後、大学院に進学

定義や定理など数学的概念を学びながら、"本当の数学"を知る

定義や定理といった数学的な概念を学んでいます。「極限」など高校生の時は漠然としていたものが理解できるようになり、"本当の数学"を知ることができます。3年次の「幾何学Ⅱ」では、位相幾何学(トポロジー)を使って図形を形づくる辺や面の「つながり方」に着目。ボール、サイコロ、コップも「同じ形」と見なす位相幾何学の概念を初めて学びました。難しいからこそ理解したくて、ゼミも幾何学を選択。大学の数学は証明が中心で、難しい問題は数日考えることもありますが、理解できたときはとてもうれしいです。

卒業後は中学校の数学教師になることが目標。ゼミで板書の仕方、分かりやすい説明方法などの指導も受けています。数学の魅力を子どもたちに伝えていきたいです。

物理科学科

理学部 物理科学科 4年次生
大石 紗耶華 さん
福岡県 八女学院高校出身

光や磁気など自然現象の仕組みを理解できる物理学の面白さに夢中

高校生の時から、物体にかかる重力などを式で表せる物理が好きでした。大学では、新しい演算子や概念を教わり、問題を解いたり実験をしたりすることで、さまざまな現象を合理的に理解できるのがとても面白いです。「光学」の授業では計算式を証明するため、発泡スチロールの筒に光ファイバーを巻き、筒の半径を変えながら光の強度の変化を測って考察しました。

特に興味を持ったのは「電磁気学」。例えば、空はなぜ青いのかも電磁気学で説明できるのです。3年次からは研究室でLEDと蛍光灯の光の波長と強度を調べたり、真空中と物質中における電磁場の違いについて学んだりして、知れば知るほど好奇心が湧いてきました。大学院に進み、さらに学びを深めるつもりです。

化学科

理学部 化学科 3年次生
田中 真悠 さん
佐賀県 唐津東高校出身

化学を多角的に学び、実験とレポート作成で論理的に理解する

高校の化学は暗記中心でしたが、大学では多くの実験を通して現象を自分の目で確かめられます。さらに本学科では生物と物理の視点からも化学を学べるのが魅力です。私は特に生物分野に興味があり、2年次の「生物化学A」では、生体の重要な機能成分であるタンパク質を中心に、糖やDNAなどの化学構造、性質について学びました。「基礎生物化学実験」では、化学の視点から生命現象を見ていきます。例えば牛の肝臓をアミノ酸と反応させ、DNAを抽出。制限酵素を用いてそのDNAを切断する様子を調べ、実験後は結論をレポートにまとめました。「なぜそうなったのか」の理由を順序立てて振り返ることで、実験の理解が深まるのが面白いです。論理的に説明する力も身に付いたと実感しています。

地球圏科学科

理学部 地球圏科学科 4年次生
藤井 七彩 さん
福岡県 中村学園女子高校出身

地層などから当時の環境を推測し、自然現象の奥深さを実感

本学科は自然科学全般を学べる面白さがあります。1、2年次に各分野の基礎を学んだ際、「地球物質科学Ⅰ」で樹木の年輪から当時の季節変化を、地層から数万年前の環境を推測できると知り、地学に関心を持ちました。地殻変動や噴火など自然現象の不思議さに魅了され、3年次からの専門分野は「地球科学分野」を選択しています。

「地球科学野外実習」では火山をテーマに大分県で地層を観察して堆積構造などの特徴を調査したり、「地球物質科学実験Ⅱ」では近郊の海岸で採集した岩石などの試料を持ち帰ってX線回折したりしました。地層や化石から仮説を立てていくため、一つの物質から何が分かるのか深く考える力がついたと思います。将来は環境や地質調査関係の仕事に就き、身に付けた知識を生かしたいです。

社会数理・情報インスティテュート

理学部 社会数理・情報インスティテュート 4年次生
達田 奈保 さん
福岡県 中村学園女子高校出身

社会で生かせる数学とプログラミングを少人数で学ぶ

社会で生かせる数学や情報を学び、数学的な考え方を身に付けています。「社会数理のための数学実習」では、数理モデルを用いて、実社会の現象を分析する方法を学びました。例えば、日本の人口の変化をデータ分析し、災害など社会の出来事と照合しながら要因を読み取るというもの。数学を使ってさまざまな分析ができ、面白かったです。

2年次からは、プログラミングの授業を多く取っています。「プログラミングⅡ及び実習」ではJava言語を学習し、それを応用して友人の誕生日を知らせるアプリを作りました。今では自分が組んだプログラムが止まると、どこに問題があるのか分かるように。将来は人の役に立つシステム開発ができる、システムエンジニアに興味を持っています。

ナノサイエンス・インスティテュート

理学研究科 化学専攻 1年次生(飛び級)
田中 陽菜 さん
福岡県 福岡大学附属大濠高校出身
※ナノサイエンス・インスティテュート
3年次修了後、大学院に進学

目に見えないナノの世界を、化学・物理の両分野から学べる

化学・物理の両分野からナノサイエンスを学べることが魅力です。目に見えない世界だからこそ、「どうなっているのだろう」とわくわくします。

1年次の「ナノサイエンス入門」でナノ技術の基礎を学び、「ホストゲスト化学」に興味を持ちました。これは、結合した分子が特定の部分で離れる特性を生かして、例えばがん細胞のみに作用する、副作用の少ない抗がん剤の開発などに期待が寄せられている分野です。今は研究室でその理解を深めています。実験では英語の資料を使うことが多く予習は欠かせませんが、最新機器を使った実験は楽しいです。授業や実験で理解しながら学び、化学をより知りたいと思うようになりました。将来は製薬や食品関係の研究職に就きたいです。

関連リンク