理学部

応用数学科

理学部 応用数学科 3年次生
前田 麻里さん
山口県 岩国高校出身

一つの問題に複数の定理で挑む
大学ならではの数学の奥深さ

得意な数学を大学で究めたいと思い、調べるうち本学科の学びが将来の仕事に生かせそうだと感じ進学しました。コーヒーカップとドーナツは同じ形状であるという位相幾何の考え方に興味を引かれ、「基礎数学研究」の研究室で学びを深めています。幾何学は分野が広く、一つの問いにもさまざまな定理を用いてアプローチができる面白さがあります。友人と意見交換しながら勉強すると、自分とは異なる見方を発見することも。数学同好会にも所属し、高校までは2つの解き方で対応していた問題に、大学では学んだ8つの定理を駆使して挑むなど、数学の奥深さを楽しんでいます。

将来は積算など、好きな数学を技術として生かせる仕事をしたいと考えています。

物理科学科

理学部 物理科学科 3年次生
末廣 優花さん
福岡県 敬愛高校出身

宇宙や情報分野の知識を幅広く得て
技術進歩が著しいIT分野で活躍したい

宇宙に興味がある一方、将来はIT関連の仕事に就きたい希望もあったため、どちらも学べる本学科に進みました。「宇宙天体物理学」では、高校で習った運動方程式を使って惑星の動きを計算したり、核融合による星の誕生や進化を学んだりして宇宙への関心が一層高まりました。大学では、自身が不思議に思うことをテーマにし、答えの糸口を見つけるために論文や専門書を読み、先生や友人と議論をして深く考えます。その過程が面白いです。3年次からは情報分野を主に学んでいます。プログラミングや人工知能、ディープラーニングを習い、それらを仕事にする魅力を感じました。

将来はIT企業でクライアントの課題を解決できる人材になりたいと考えています。

化学科

理学部 化学科 3年次生
猪股 志帆さん
福岡県 福岡大学附属大濠高校出身

化学を通して身の回りの物事を
理解できることが面白い

高校で化学部に所属して興味が深まり、本学のオープンキャンパスで体験した実験が楽しかったので、純粋に化学そのものを学べる本学科を志望しました。「一般化学」では、電子軌道とエネルギー準位の観点から化学の基礎を学び、高校で学習した内容をより深く理解できました。「量子化学」では赤外分光光度計などの機械を使い、分子が吸収した光を調べて構造や性質を学びます。また「生物化学」では遺伝子の複雑な構造を知り、身近なことを化学的に理解できて興味深いです。

本学科ではさまざまな実験を経験できますが、実験の成功や失敗に関わらず、得られた結果から“なぜそのような反応が起こったのか”を自分なりに調べて考察することで思考力が高まりました。将来は大学院に進学し、企業の研究員として薬の開発に携わりたいです。

地球圏科学科

理学部 地球圏科学科 3年次生
友添 彪彦さん
福岡県 筑紫高校出身

地球に関するさまざまな自然科学を
体感しながら学べる楽しさがある

小さい頃から理科が好きで、さまざまな自然科学を幅広く学べる本学科を志望しました。「生物学実験」では、細胞の観察や生物の解剖のほか、顕微鏡で血液の細胞観察も行いました。血中成分には赤血球のように多く見られるものがある一方で、白血球の中にある好酸球や好塩基球など、簡単には見つからないものもあり、まるで宝探しのよう。中には未だ明確な役割が分かっていない物質もあると知り、好奇心が刺激されました。また「地学実験」ではフィールドワークで能古島に行き、断層や化石の観察をしながら、実際に目で見ることの大切さを改めて感じました。将来は自然科学の幅広い知識を、住みやすい街づくりなど人の役に立つ仕事に生かしたいと考えています。

社会数理・情報インスティテュート

理学部 社会数理・情報インスティテュート 3年次生
榎下 香織さん
福岡県 福岡大学附属若葉高校出身

社会や経済の事象を数値で分析して傾向をつかみ、新しい流行を生み出したい

高校の頃から数学が好きで、経済の仕組みにも興味があったため、将来の選択肢が広がりそうな本学科に進学しました。授業で、人口推移から薬の服用時間まで、大小さまざまなことに数値的な分析が深く関わっていると知り、驚きました。研究室ではプログラミングも学んでいます。「身の回りに欲しいもの」というテーマに沿って、“寝ている人を必ず起こすことができるゲーム付きのアラームアプリ”を制作しました。大学では自分でやりたいことを目標に設定して主体的に調査、研究していけるところが面白いです。

本インスティテュートで得た論理的な思考力とプログラミングの知識を生かし、数値の分析をもとに新しい流行を生み出せる人になりたいと思います。

ナノサイエンス・インスティテュート

理学部 ナノサイエンス・
インスティテュート 2年次生
山下 麻結さん
福岡県 香住丘高校出身

化学と物理の知見を広げ、理科の魅力を伝えられる教員へ

化学と物理が好きで、本インスティテュートでは少人数でどちらも学べると知り志望しました。「科学英語」では、数式や実験器具など科学分野の基礎的な英語を修得しました。3年次には「材料科学国際演習」で蔚山大学校(韓国)の先生が英語で行う講義もあるため、普段から英語の文献を正確に理解できるよう自主的に英語の勉強を続けています。また、「有機化学」では有機物の合成方法を知り、「次世代エネルギーなど100年先に役立つものをつくっている」という先生の言葉に感銘を受けました。高校では暗記中心だった化学や物理が、実社会ではどう役立っているか分かるようになり、化学は過程に、物理は結果に重きを置く考え方の違いに気付くこともできました。将来は理科の教員になり、身近なものと結び付けて理科の面白さや大切さを伝えていきたいです。

関連リンク