法学部

法律学科

法学部 法律学科 4年次生
寺本 大志さん
長崎県 長崎日大高校出身

日常生活と密接に関わる法律を学び
正しく生かせる社会人へ

法律は、仕事においても私生活においても密接に関わるので学んでおきたいと強く思い、本学科へ進学しました。1年次のゼミでは、実際の裁判を傍聴。検察官や弁護人のやりとりを見て、現場の緊張感を肌で感じられたのは貴重な体験でした。

「刑法」では、判決を考える過程が評価されるため、例えば試験で友人と結論が異なっていても両方正解となることがあります。自分なりの法解釈で論理展開し、結論を導き出せるところが面白く、また、法律の理解が深まったことで、ニュースの見方も変わりました。

私は在学中に起業したのですが、法律を学んでいたことで、さまざまな決断の際に自信が持てました。今後は起業した事業を軌道に乗せ、将来は保育園事業も始めたいと思っています。

経営法学科

法学部 経営法学科 3年次生
池見 遼太朗さん
福岡県 東筑紫学園高校出身

人々の生活に役立つ法律を学び
海外研修で国際感覚を養う

法律だけでなく、海外研修にも興味があったため、インターナショナルスタディコースのある本学科に進みました。

「行政法」では、道路・ダム建設時の立ち退き交渉や、学校の部活動で負傷した際の補償問題などについて学びました。法律は日常生活との関わりが深く、係争は私たちにも起こり得ることなので、学ぶ必要性を改めて感じました。

2年次にニュージーランドの海外研修に参加。現地の大学での授業や裁判所の見学、ホームステイ先の家族との触れ合いを通じて見識が広がり、「もっと勉強したい」「多くの経験を積みたい」という意欲が湧きました。この研修をきっかけに勉強はもちろん、物事に主体的に取り組む姿勢が身に付いたと感じます。将来は英語を活用し、人々を幸せにするような仕事に携わりたいです。

*2020年度より名称が「国際コース」に変更。

関連リンク