東日本災害ボランティア「福岡大学派遣隊」100人を超える福大生が被災地へ

3月11日の東日本大震災から間もなく4カ月を迎えようとしています。このたび、福岡大学では、東日本災害ボランティア「福岡大学派遣隊」を結成し、8月21日から25日までの5日間、被災地でのボランティア活動を行うことになりました。

福岡大学は、被災地で被災者の支援を行うことはもとより、支援活動を通して学生ボランティアの育成を図り、ひいては将来にわたって地域社会に貢献できるリーダー的人材を育成するために、この活動を行うものです。

6月3日から6回におよぶ事前研修では、学生が主体となり、10チームに分かれ被災地等の情報収集を行いながら、「何が必要なのか」「何ができるのか」など議論を重ね、現在は現地活動用ハンドブックの作成等に取り組んでいます。また、今後、実践に向けて地域清掃活動も行う予定です。

東日本災害ボランティア「福岡大学派遣隊」結団式、事前研修および派遣概要は、以下のとおりです。

 

■結団式

日  時
7月16日(土) 正午から (1時間程度)
場  所
福岡大学60周年記念館3階ヘリオスホール
■事前研修
4回目7月15日(金) 、5回目8月4日(木) 、6回目8月19日(金)

■派遣概要

期  間
8月21日(日) ~ 25日(木)(被災地での活動は3日間)
場  所
岩手県(陸前髙田市)、宮城県(気仙沼市、南三陸町、石巻市)
交通手段
福岡 ⇔ 羽田(飛行機)、羽田 ⇔ 宿泊地・被災地(バス)
人  数
合計114人(内訳:学生103人、教職員10人、学外者1人):7月1日現在
活動内容
支援物資の仕分け・運搬、被災家屋内の清掃、土砂や家財道具の搬出等の労務作業などボランティアセンター等の機関に委ねる。

【お問い合わせ先】

福岡大学 学生課
  電話:092-871-6631(代)