ホーム研究福岡大学の研究 > 無人観測航空機、高度22kmの南極成層圏エアロゾルのサンプルリターンに成功

福岡大学の研究

無人観測航空機、高度22kmの南極成層圏エアロゾルのサンプルリターンに成功

2015.03.13

第56次日本南極地域観測隊(隊長:野木(のぎ)義史(よしふみ) 国立極地研究所教授)において、福岡大学と九州大学の共同開発による無人観測航空機Phoenix-S(フェニックス エス)1号機を用いた高度22kmのエアロゾルサンプルの回収、および、高度23kmのエアロゾル濃度測定に成功しました。観測高度は、無人航空機、有人航空機のいずれとしても前例のない高い高度です。

同機は、2015年1月24日夕方(昭和基地時間、以下同様)、昭和基地東方約20kmの南極大陸氷床上のS17地点からゴム気球に懸吊して放球され、エアロゾルの濃度観測およびサンプリングを行いながら上昇し、高度23kmまで観測を行いま した。その後はパラシュートで降下し、高度12kmで気球・パラシュートを分離、自律滑空飛行によりエアロゾルサンプルと共にS17地点へ戻りました。

本成果により、無人観測航空機による観測は、通常行われている自由気球を使った方法よりも安価であり、かつ、自由気球と同様の実用的な観測高度到達能力を持ち、さらに、自由気球では困難な観測機器およびサンプルの回収が容易にできることが示されました。

20150312-2.jpg  20150313-3.jpg

●プレスリリースはこちら

他のおすすめコンテンツ

ニュース

2017.01.18

最新設備を導入した4階建て「福岡大学総合体育館」が2月に竣工します

福岡大学の新たなシンボル「福岡大学総合体育館」が、現在の体育館である「第一記念会堂」の有する機能をパワーアップさせて生まれ変わります(2017年2月竣工予定)。 新しい体育館には、柔道や...

プレスリリース

2017.01.18

働きながら大学で学びたい学生を支援「学生支援ワークスタディ」制度発足1年利用学生、受け入れ先双方に高評価

福岡大学は、平成28年度に「学生支援ワークスタディ」制度を新設しました。これは、週35時間(昼間)を上限にキャンパス内で大学事務スタッフとして働き、夕方からは商学部第二部の学生として学ぶ...

教育ニュース

2016.12.09

今年はどんな年?現代の世相を高校生が見事に表現、「第12回全国高校生川柳コンクール」結果発表

「第12回(平成28年度)全国高校生川柳コンクール」の入選作品が決定しました。入選は金賞[福岡大学長賞]、銀賞、銅賞、全日本川柳協会賞[特別賞]、西日本新聞社賞[特別賞]、入賞(45作...