ホーム研究福岡大学の研究 > 「神経障害性疼痛」発症の引き金発見

福岡大学の研究

「神経障害性疼痛」発症の引き金発見

2013.06.21

- 慢性的な激しい痛みに苦しむ患者に希望の光 -

福岡大学薬学部(高野行夫教授、本多健治助教)の研究グループは、九州大学大学院薬学研究院(野田百美准教授、秋元望〔当時大学院生、現在国立生理学研究所博士〕)らとの共同研究で、糖尿病、末期がん、抗がん剤の副作用などで神経が傷害されると、引き起こされる慢性的な激しい痛み(神経障害性疼痛)の発現に、情報伝達を担うタンパク質のケモカインの一種であるCCL-1(C-C motif ligand-1)が深く関与していることを世界で初めて証明することに成功しました。さらに、CCL-1の中和抗体をあらかじめ投与したマウスや、CCL-1の受容体であるCCR-8の欠損したマウスでは、神経障害性疼痛が抑制されることを確認しました。

この研究成果は、新しい薬の開発につながるものであり、モルヒネでも痛みを抑えることのできない、慢性的に激しい痛みに苦しむ多くの患者さんに対して、明るい希望をもたらすものと期待されます。また、この発見はさらなる疼痛発現メカニズムの解明にもつながり、神経障害性疼痛の予防・治療戦略として大変有益であると期待されるものです。なお、2013年5月24日にカナダ・トロントで開催された「4th International Congress on Neuropathic Pain」で発表され、英国の出版社Nature Publishing Groupから刊行されている「Cell Death and Disease」(セルデスアンドディズィーズ)電子版で6月20日に公開されています。

●プレスリリースはこちら

他のおすすめコンテンツ

ニュース

2017.01.18

最新設備を導入した4階建て「福岡大学総合体育館」が2月に竣工します

福岡大学の新たなシンボル「福岡大学総合体育館」が、現在の体育館である「第一記念会堂」の有する機能をパワーアップさせて生まれ変わります(2017年2月竣工予定)。 新しい体育館には、柔道や...

プレスリリース

2017.01.18

働きながら大学で学びたい学生を支援「学生支援ワークスタディ」制度発足1年利用学生、受け入れ先双方に高評価

福岡大学は、平成28年度に「学生支援ワークスタディ」制度を新設しました。これは、週35時間(昼間)を上限にキャンパス内で大学事務スタッフとして働き、夕方からは商学部第二部の学生として学ぶ...

教育ニュース

2016.12.09

今年はどんな年?現代の世相を高校生が見事に表現、「第12回全国高校生川柳コンクール」結果発表

「第12回(平成28年度)全国高校生川柳コンクール」の入選作品が決定しました。入選は金賞[福岡大学長賞]、銀賞、銅賞、全日本川柳協会賞[特別賞]、西日本新聞社賞[特別賞]、入賞(45作...