ホーム研究福岡大学の研究 > 糖尿病の膵島移植治療に画期的制御法を開発-副作用のない新規治療法-

福岡大学の研究

糖尿病の膵島移植治療に画期的制御法を開発-副作用のない新規治療法-

2013.06.08

福岡大学(衛藤卓也学長)と理化学研究所(野依良治理事長)は、膵島細胞移植の際におこる拒絶反応に対し、従来のレシピエントの免疫反応を制御する治療とは異なり、移植するドナー膵島を標的にした副作用のない画期的な治療法を開発しました。

福岡大学医学部再生・移植医学(安波洋一教授)と理化学研究所統合生命医科学研究センター免疫制御戦略研究グループ(谷口克グループディレクター)との共同研究による成果です。

●プレスリリースはこちら

   (記者会見の様子)

   20130610-1.jpg  20130610-5.jpg

   20130610-3.jpg  20130610-4.jpg

他のおすすめコンテンツ

ニュース

2016.07.30

"加速する「アクティブ・ラーニング」"西日本新聞に広告が掲出されました

7月30日(土)付の西日本新聞朝刊に、福岡都市圏大学連携事業「ふくおかで学ぼう」の一環として、”加速する「アクティブ・ラーニング」”をテーマに広告が掲出されました...

ニュース

2014.11.11

第14回「今を生きる教養講演会」を開催しました

10月17日(金)、福大生ステップアッププログラム(FSP)の一環として、第14回「今を生きる教養講演会」を開催しました。 今回は数学者で大道芸人のピーター・フランクル氏を講師にお迎えし...

教育ニュース

2016.07.15

福岡教育大学附属中学校の生徒さんが法律を学ぶために福岡大学を訪問しました

  7月12日(火)、ローマ法など「法の起源」に関心を持つ福岡教育大学附属中学校の生徒さんが、本学の野田龍一・法学部教授を訪問しました。 野田教授は生徒さんに、グローバル社会と...