ホーム研究福岡大学の研究 > 糖尿病の膵島移植治療に画期的制御法を開発-副作用のない新規治療法-

福岡大学の研究

糖尿病の膵島移植治療に画期的制御法を開発-副作用のない新規治療法-

2013.06.08

福岡大学(衛藤卓也学長)と理化学研究所(野依良治理事長)は、膵島細胞移植の際におこる拒絶反応に対し、従来のレシピエントの免疫反応を制御する治療とは異なり、移植するドナー膵島を標的にした副作用のない画期的な治療法を開発しました。

福岡大学医学部再生・移植医学(安波洋一教授)と理化学研究所統合生命医科学研究センター免疫制御戦略研究グループ(谷口克グループディレクター)との共同研究による成果です。

●プレスリリースはこちら

   (記者会見の様子)

   20130610-1.jpg  20130610-5.jpg

   20130610-3.jpg  20130610-4.jpg

他のおすすめコンテンツ

ニュース

2017.01.18

最新設備を導入した4階建て「福岡大学総合体育館」が2月に竣工します

福岡大学の新たなシンボル「福岡大学総合体育館」が、現在の体育館である「第一記念会堂」の有する機能をパワーアップさせて生まれ変わります(2017年2月竣工予定)。 新しい体育館には、柔道や...

プレスリリース

2017.01.18

働きながら大学で学びたい学生を支援「学生支援ワークスタディ」制度発足1年利用学生、受け入れ先双方に高評価

福岡大学は、平成28年度に「学生支援ワークスタディ」制度を新設しました。これは、週35時間(昼間)を上限にキャンパス内で大学事務スタッフとして働き、夕方からは商学部第二部の学生として学ぶ...

教育ニュース

2016.12.09

今年はどんな年?現代の世相を高校生が見事に表現、「第12回全国高校生川柳コンクール」結果発表

「第12回(平成28年度)全国高校生川柳コンクール」の入選作品が決定しました。入選は金賞[福岡大学長賞]、銀賞、銅賞、全日本川柳協会賞[特別賞]、西日本新聞社賞[特別賞]、入賞(45作...