ホーム研究福岡大学の研究 > 糖尿病の膵島移植治療に画期的制御法を開発-副作用のない新規治療法-

福岡大学の研究

糖尿病の膵島移植治療に画期的制御法を開発-副作用のない新規治療法-

2013.06.08

福岡大学(衛藤卓也学長)と理化学研究所(野依良治理事長)は、膵島細胞移植の際におこる拒絶反応に対し、従来のレシピエントの免疫反応を制御する治療とは異なり、移植するドナー膵島を標的にした副作用のない画期的な治療法を開発しました。

福岡大学医学部再生・移植医学(安波洋一教授)と理化学研究所統合生命医科学研究センター免疫制御戦略研究グループ(谷口克グループディレクター)との共同研究による成果です。

●プレスリリースはこちら

   (記者会見の様子)

   20130610-1.jpg  20130610-5.jpg

   20130610-3.jpg  20130610-4.jpg

他のおすすめコンテンツ

ニュース

2017.02.01

【再掲】平成28年度福岡大学卒業式のご案内(3/19)

平成28年度福岡大学卒業式ならびに大学院修士課程・博士課程前期学位記授与式を下記のとおり挙行します。 記   【日時】      ...

プレスリリース

2017.02.23

大学教授が小学校で"わくわく"理科教室を開催(2/28)

- 観察・工作・実験を通して、科学の楽しさを伝える - 2月28日(火)、子どもたちの科学教育や環境学習を推進している福岡大学理学部・工学部の教授陣と最先端の医療現場で高度医療を提供して...

教育ニュース

2017.02.09

【再掲】学生企画・制作の「福岡大学CM動画」12本公開

福岡大学学生広報サポーター(グーミーズ)の面々が、福岡大学広報戦略アドバイザーの門田陽氏(株式会社電通勤務、クリエーティブ・ディレクター/コピーライター)とコラボし、約7カ月間掛けてCM...