ホーム研究福岡大学の研究 > 糖尿病の膵島移植治療に画期的制御法を開発-副作用のない新規治療法-

福岡大学の研究

糖尿病の膵島移植治療に画期的制御法を開発-副作用のない新規治療法-

2013.06.08

福岡大学(衛藤卓也学長)と理化学研究所(野依良治理事長)は、膵島細胞移植の際におこる拒絶反応に対し、従来のレシピエントの免疫反応を制御する治療とは異なり、移植するドナー膵島を標的にした副作用のない画期的な治療法を開発しました。

福岡大学医学部再生・移植医学(安波洋一教授)と理化学研究所統合生命医科学研究センター免疫制御戦略研究グループ(谷口克グループディレクター)との共同研究による成果です。

●プレスリリースはこちら

   (記者会見の様子)

   20130610-1.jpg  20130610-5.jpg

   20130610-3.jpg  20130610-4.jpg

他のおすすめコンテンツ

ニュース

2017.03.27

ホームカミングデー(卒業生の集い)の開催について

平成29年5月21日(日)13時から、福岡大学831教室(8号館3階)で「第15回ホームカミングデー」(福岡大学、福岡大学同窓会有信会共催)を開催します。 当日は、基調講演や交響楽団によ...

プレスリリース

2017.03.24

リサイクルマーケットで、新生活を応援(4/1~3)

地域の方々、卒業生から寄せられた家具や電化製品を 新入生に無料で提供   4月1日(土)12時(入学式終了後)から、福岡大学愛好会会館で新入生を対象とした「リサイクルマーケッ...

教育ニュース

2017.03.23

平成28年度「難関試験合格者表彰式」を行いました

3月16日(木)、福岡大学において平成28年度エクステンション講座「難関試験合格者表彰式」を行いました。 本学では、本学の学生がエクステンションセンターで開講する講座(正課外講座)を受講...