福岡大学 大学案内2018
31/188

法学部 法律学科2年次生福岡県 出身生野 優也さん朝倉高校卒業防犯や清掃のボランティア活動を通して地域の方々とも交流できる「大学生だからこそできる、今までやったことのない活動をしてみたい」と思い、防犯ボランティア団体「ななくま元気にするっ隊」に入りました。メンバーの学生をはじめ、警察官、市役所職員、地域の方々と協力しながら、夜間防犯パトロールや落書き消しなどを行っています。誰かの役に立てることに、とてもやりがいを感じます。今年から団体の代表になり、周りとの連携を大切にしながら、メンバーと成長していきたいと思っています。他にも、資格試験の勉強をしたり、友人と野球サークルを作って練習したり、アルバイトをしたりと、丸一日予定がない日はありません。福岡大学の魅力は、やりたいと思えば挑戦できる環境があること。授業も数多くある科目の中から自分が学びたいものを選べるので、とても面白いです。今できること、興味があることに全力で取り組み、悔いのない大学生活を送りたいです。七隈地区の防犯活動だけでなく、「福岡市中央区安心・安全フェスタ」の実施に関わったり、「学生防犯ボランティアサミット」に参加したり。安心して生活できる街づくりのために、活動の幅を広げています。ななくま元気にするっ隊MY FAVORITEJICAボランティアで二度ボリビアへ国内外にサッカーの楽しさを広めていきたい兄の影響で小学生の時にサッカーを始め、大学でも女子サッカー部に。本学が連携協定を結ぶJICAボランティア事業で、サッカーの技術向上のため、2年次と3年次の春に1カ月間ボリビアで活動しました。ボリビアはサッカーが盛んで、人々にとって小さな頃から身近な存在。しかし子どもたちは「ゴールを決めること」に夢中で、パスや守備の連携など“チームプレー”重視の日本のサッカーとは全く違うものでした。一度目の訪問ではスペイン語の勉強や練習メニューなど事前準備はしましたが、ボリビアの国民性や文化を知らず満足のいく活動ができませんでした。そこで再チャレンジを決意。二度目は日本とボリビアの両方の良さを取り入れた練習方法を伝えられたと思います。貴重な経験ができ、“サッカーと一生関わっていきたい”気持ちがさらに強くなりました。今後もサッカーの楽しさを国内外の多くの人に広めていきたいです。小さな女の子もサッカーをするボリビア。サッカーへの熱意が高く、プレーの一つ一つに一喜一憂する姿が印象的でした。みんな明るく積極的に話し掛けてくれて、毎日が楽しかったです。サッカーで国際交流MY MEMORYスポーツ科学部 スポーツ科学科4年次生大分県 出身酒井 花林さん大分豊府高校卒業CHECKJICAボランティア事業…p.129CHECK防犯ボランティア活動…p.137Fukuoka University Guide 2018029

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る