福岡大学 大学案内2018
150/188

 現在、資産運用の窓口・営業を担当しています。お客さまに対応する時には、就職活動を通して身に付けた「第一印象を大切に、笑顔で話すこと」を今も心掛けています。 私はインターンシップに参加したり、SPIの勉強をしながら、3年次の冬に行われた大学主催の企業説明会から就職活動を本格的に開始。自分が何に興味があるのかを知るために、さまざまな企業の話を聞きました。学内の企業説明会は福岡大学の学生を対象にしているので、質問がしやすかったです。就職・進路支援センターが行うプログラムにも数多く参加しました。自己分析のセミナーでは自分の長所・短所を見つめ直すことができ、「私にはこんな強みがあるんだ」と、今の自信につながっています。模擬面接では実践的に指導してもらえ、ドアのノックから着席まで細かく教わりました。センターの窓口には毎日のように通ったことを思い出します。エントリーシートを添削してもらったり、不安や悩みを相談したり。就職活動において、センターは絶対に活用すべきです。サポートが受けられるだけでなく、スタッフの方々の応援は大きな励みになります。卒業生からのアドバイス多彩な就職支援社会で必要な力を1年次から身に付ける仕事をする上で必要となる「社会人基礎力」を段階的に身に付けるため、講座やセミナーなどさまざまな就職支援行事を学年に応じて実施。1年次から参加することができます。福岡銀行大賀 瑞紀さん経済学部 経済学科(2014年卒業)2006年2月、経済産業省が提唱したもので、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」を左記の3つの能力から成る「社会人基礎力」として定義付けています。「社会人基礎力」とは前に踏み出す力(アクション)考え抜く力(シンキング)チームで働く力(チームワーク)コンピテンシー診断テスト 年間を通して全学年で診断テストを実施(医学科を除く)。これまでの生活の中の行動特性から、強みや弱みを指標化し、強みを生かしていくためにどんな目標を立て、実行(行動)したらよいか、その診断テストをWebで行えます。また、大学生活の過ごし方等のアドバイスを行っています。 エンカレッジセミナー 「エンカレッジセミナー《未来ノート》でなりたい自分になる!」をエクステンションセンターで開講。社会人に必要な観察力、発想力、コミュニケーション力を駆使して、自分だけの人生の戦略ノート=《未来ノート》を作成します。それにより、迷いを確かな意思に変え、夢をカタチにしていきます。6月インターンシップ講座2月~3月インターンシップ(春季)[国内・海外]7月~9月インターンシップ(夏季)[国内・海外]6月インターンシップ講座7月~9月インターンシップ(夏季)[国内・海外]5月第1回就職ガイダンス/SPI模擬試験10月第2回就職ガイダンス11月学生アドバイザーとの就活座談会12月業界研究セミナー授業や課外教育活動を通して自分と社会との関わりに目を向け、自ら知識を深める。インターンシップやボランティア活動などで社会と関わる機会を増やす。これまでの学生生活を振り返り、業界や企業について研究する。1・2年次3年次エントリーシート添削から面接指導、窓口相談まで、就職サポートをフル活用BEST CHOICE 2018148

元のページ  ../index.html#150

このブックを見る