福岡大学 大学案内2018
142/188

 幼い頃から海外に興味があり、生活の中で異文化に触れられる国際交流会館に入居しました。最初は留学生にどう声を掛けようかとドキドキしましたが、共同キッチンで自分から思い切って話し掛けるようにして、今ではさまざまな国の友人ができました。一緒にテレビを見たり誕生日会をしたり、楽しい毎日を過ごしています。日本とは異なる文化や習慣に驚くこともありますが、私自身もお箸の持ち方や言葉使いなど日本文化を再確認しながら「正しく伝える」ことを意識しています。多くの時間を共有して、お互いの本音も話せるようになりました。友人として、留学生が日本の生活で感じている不安を少しでも和らげられるようサポートしていけたらと思います。入館費  入居時 33,000円 ※学部留学生・大学院留学生・交換留学生の場合は30,000円室 料  月 額 30,000円 ※学部留学生・大学院留学生・交換留学生の場合は27,000円共益費  月 額 3,000円室料・寮費・食費(朝夕2食)光熱費32,230円6,000円(洋室8畳)月額月額大学直営の寮や民間の指定寮、信頼のおけるマンションなど 本学では、大学直営の自修寮や国際交流会館、大学指定寮(民間経営)をはじめ、学内に店舗を構える「株式会社学生情報センター」と提携して賃貸マンション・アパートなどの安心・快適な物件をきめ細かに紹介して、皆さんの充実したライフスタイルをサポートします。■設備/バス・トイレ・ベッド・クローゼット・吊戸棚・冷蔵庫・机・椅子・電話(プリペイド 方式)・エアコン・TVアンテナ端子(BS付き)・情報コンセント(インターネット接続 無料)・バルコニー付き。共同キッチン(コイン式ガスコンロ付き)・食堂兼談話室・ 洗濯室は共用(洗濯機・乾燥機ともにコイン式)。■申込方法/合格者に送付する「入寮申込書」に必要事項を記入し、学生課まで お申し込みください。在寮期間:4月から翌年3月までの1年間(願出により延長を認めることがあります)※男子・女子ともに入居できます■設備/風呂(大浴場)・トイレ(各階)・洗濯機は共同・電話(呼び出し)・ベッド・  クローゼット・エアコン・情報コンセント(インターネット接続無料)付き。■入寮条件/商学部第二部と医学部医学科以外の新入生で、最低1年間は 在寮できる人。■申込方法/合格者に送付する「入寮申込書」に必要事項を記入し、学生課まで お申し込みください。(宮崎県 都城泉ヶ丘高校出身)日髙 郁美さん人文学部 英語学科 2年次生在寮期間:4月から翌年3月までの1年間(願出により延長を認めることがあります)(大分県 大分舞鶴高校出身)足立 謙さん経済学部 経済学科 3年次生「自修寮」寮生委員長一緒に食事をしたりテレビを見たり、毎日の生活の中で各国の言葉や文化に触れられる 国際交流会館の国際交流棟は、日本人学生と外国人留学生の混住による全室個室の施設です。国際交流棟のほかに管理棟・合宿研修棟を併設し、本学職員が管理運営を行い、皆さんのお世話をします。※男子のみメリハリのある生活を共に過ごす寮生同士のつながりは一生の財産 自修寮ではお互いに生活しやすいよう話し合いながら、ルールを守ってメリハリのある毎日を送っています。寮生は学部・学年もさまざまで、入寮当時は不安もありましたが、先輩たちが親身に相談に乗ってくれて安心しました。3年次から寮生委員長になり、今度は自分が後輩たちをしっかり引っ張っていく番です。親睦会を兼ねた研修旅行や自修寮祭などイベントもあり、役割分担して取り組むのが恒例。全員が一丸となるパワーもこの寮の魅力の一つだと思います。食堂やお風呂で仲間と語り合う時間はとても楽しく、いろいろな意見を聞けるのも寮ならでは。休日はアルバイトもしています。規律ある寮生活を通して、時間の有効活用ができるようになったと感じています。規律ある共同生活を通じて自治の精神を養い、教養を高め、人格の形成に努めることを目的とした男子寮です。キャンパスに隣接した鉄筋4階建の定員46人で、毎年新入生を対象に約30人を受け入れています。費用(2017年度分)費用(2017年度分)国際交流会館 国際交流棟自修寮キャンパスライフ 住まいBEST CHOICE 2018140

元のページ  ../index.html#142

このブックを見る