福岡大学 大学案内2018
122/188

スポーツ健康科学研究科スポーツ健康科学専攻[博士課程 前期・後期] 体育・スポーツの優秀な研究者や指導者をはじめ、社会が必要とする職能を開発する高度な専門家の養成を目指し、体育学、体力学、スポーツ医学、体育科教育学、コーチ学、運動健康学の6専修部門が設けられています。なお、研究と教育のフィールドは学校体育領域のほか、医療機関や行政機関、企業、商業スポーツ施設などの現場にも設けられています。法曹実務研究科(法科大学院)法務専攻[専門職学位課程] 弁護士、裁判官、検察官として活躍するために必要な能力を修得できるよう、基本的な科目から実務的な科目へ段階的かつ、それらを有機的に結び付けたカリキュラム構成となっています。 法学的素養を全く前提としない法学未修者を対象とする1年次では、憲法、民法、刑法などの法学の基本的な科目を重点的に配置しています。実務での運用を意識しつつ法学の基本的理論を徹底的に修得することを目指しています。 2年次からは、法学未修者と法学既修者(法律専門試験で2年次への編入者)が共に受講します。1年次で修得した基本的知識を応用して具体的事案を解決する能力を育成するために演習科目を重点的に配置しています。さらに、「刑事実務演習」や「民事実務演習」では模擬裁判を行い、「エクスターンシップ」や「リーガルクリニック」では法律事務所等において実践的知識や経験を体得させるなど、実践的な法的処理能力を育成します。また、「医療福祉と人権」「労働紛争の実務」「銀行取引と法」など、発展的な科目を多く配置し、現代的な問題にもアプローチします。 これらの教育は、豊富な実務経験を有する元判事、元検事、弁護士、多年の大学教育の経験を有する研究者などの専任教員によって担われています。なお、本学位課程を修了した者には、法務博士(専門職)の学位とともに司法試験受験資格が与えられます。Webページ法科大学院 個別サイト http://www.ilp.fukuoka-u.ac.jp/Webページhttp://www.adm.fukuoka-u.ac.jp/fu820/home1/BEST CHOICE 2018120

元のページ  ../index.html#122

このブックを見る