ホーム > 教育 > 学部 > 理学部 > ナノサイエンス・インスティテュート > 学問の解説

ナノサイエンス・インスティテュート

化学と物理のコラボレーション教育。
次代を開くナノサイエンスエキスパートへ。

「ナノ」とは“10億分の1”を表す単位の接頭語であり、ナノメートルは「10億分の1メートル」です。ナノサイエンスは、このサイズで物質をコントロールすることによって、新しい機能や従来よりも優れた材料を生み出し、医療や薬品、エネルギーや環境といった諸問題の解決に役立つと期待されています。しかし、その研究開発には、化学や物理学に分かれた従来型の取り組みだけでなく、双方に卓越した知見を持つ人材が求められています。ナノサイエンス・インスティテュートでは、入学から卒業まで、数人の学生を1人の教員が担任としてケアするチュートリアル制度により化学と物理学を横断・融合しながら学び、次代を開くナノサイエンスのエキスパートを養成することを目指しています。

このような方におすすめ

  • ものづくりを基礎から学びたい。
  • ナノサイエンスに関心がある。
理学部 ナノサイエンス・インスティテュート