地域医療支援病院

福岡大学筑紫病院

Search Google

患者のみなさまへ

このページはトップページの中の患者のみなさまへの中のDPC包括制度のご案内です。

DPC包括制度のご案内

入院医療費の計算方法について

当院は、平成20年7月より「診断群分類別包括制度(DPC)」を導入します。

これは、入院患者さんの病気とその症状を基に国で定めた1日あたりの定額の点数から入院医療費を計算する制度です。これにより、以下のように入院医療費の計算方法が変わります。

外来受診のご案内

入院医療費の計算方法:図

入院医療費QA

Q1

なぜ、入院費の計算方法が変わるのですか?

A1

政府の意向である「医療費標準化」を目指した、新しい医療費の計算方法が「診断群分類包括評価制度(DPC)」です。この制度は、当初、大学病院(特定機能病院)や一部の国立病院など高度先端医療を行う特定機能病院を対象に実施されていましたが、その後上記の目的により、一定の水準を満たす急性期の病院についても推し進められました。当院でも平成18年度より厚生労働省へ事前調査協力し、一定の基準を満たしたことにより今年度7月1日よりDPC請求開始となりました。

Q2

「診断群分類評価制度(DPC)」とはどのようなものですか?

A2

診療行為ごとに料金を算定する従来の計算方法(出来高計算)と異なり、入院される患者さんの病気、症状、手術などの診療内容に応じて、厚生労働省が定めた疾患(診断群分類)ごとの1日あたり点数を基準に入院医療費を計算する新しい方式です。

Q3

入院医療費の支払いはどのように変わるのでしょうか?

A3

基本的には、変わりません。つまり、上記の新しい方式で計算した点数を基に、患者さんの負担割合に応じて支払い金額が決まりますので、それをお支払いいただくこととなります。 ただし、入院当初に計画した金額と異なってしまう場合もあり、その際は、退院時前月分までのお支払い額との差額を調整させていただく場合があります。

Q4

医療費は高くなるのですか?また、高額療養費の扱いはどうなりますか?

A4

DPC診断群分類によって、従来の出来高算定よりも安くなる場合や高くなる場合があります。また、入院日数によっても、1日当たりの医療費が変わる仕組みになっています。DPCでは入院される病名や治療内容、入院日数によって医療費が変わりますので、以前同じ病名で入院されていても、全て出来高算定で計算していた時の医療費とDPCで算定した医療費を単純に比較で出来ない場合がありますのでご了承願います。高額療養費の扱いは変わりませんので、高額療養費の現物給付制度利用の際は、入院時受付に医療証をご提示ください。

Q5

6月以前から入院している患者さんの計算はどうなりますか?

A5

7月以降入院された患者さんがDPC制度の計算方式の対象となります。 6月以前から引き続きご入院の患者さんについては2ヶ月の間は従来の計算方式の対象で、9月1日以降DPC制度の計算方式の対象となります。

Q6

DPC請求を行っている病院はどのくらいありますか?

A6

全国で360病院あり、更に今年4月から174病院が導入を開始しました。7月以降当院も含めDPC請求開始病院が増える状況です。DPC調査協力の病院を加えると全国一般病院(約90万床)の半数を超える46万床弱がDPCにかかわる事となりました。近隣病院として、各大学病院、福岡徳洲会病院、九州中央病院、聖マリア病院等が既に導入されています。

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • DPC包括制度のご案内
  • 連携医療機関一覧
  • アクセス

ページの先頭へ戻る

〒818-8502 福岡県筑紫野市俗明院一丁目1番1号
TEL 092-921-1011(代) FAX 092-928-3890
Copyright Fukuoka University Chikushi Hospital. All Rights Reserved.

search powered by Google™