病院指標

平成27年度 福岡大学筑紫病院 病院指標

 

 病院指標とは、DPCデータを基に厚生労働省が定めた集計条件などに沿って資料を作成するもので、市民の皆さんに情報公開を進めることにより、当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことを目的としています。

 現在公表している病院の情報(病院指標)は、平成27年度(平成27年4月1日~平成28年3月31日)中に当院を退院した患者さんのデータを集計の対象として作成しています。ただし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者さんのデータは集計対象外となります。また、来院時心肺停止を含む入院後24時間以内に死亡した患者さんのデータも集計対象外です。

 個人情報が特定できないようにするために、指標のなかで10未満の数値は「-」と表示しています。

DPCとは

 入院患者さんを病気と治療方法によって分類し、その分類ごとに国が定めた1日あたりの入院費を包括支払いとして計算する制度です。

 

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

 入院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院日の満年齢となります。

 

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1039 281 211 357 525 798 1783 1965 1193 267
 地域医療支援病院であり大学病院である当院は、地域医療の中核として質の高い医療を幅広い年齢層の患者さんに提供しています。特に60歳以上の患者さんの占める割合が6割を超え、症状が比較的重症になりやすい高齢者の入院が多くなる傾向にあります。
 若年層はクローン病などの炎症性腸疾患や、骨折など整形外科的な手術が必要となる患者さんが多くなっています。
 また、小児期の患者さんが多くなっている理由として、小児救急に積極的に取り組んでいること、地域の医療機関から耳鼻いんこう科的な疾患の手術目的の紹介をいただいていることなどが挙げられます。
 平成26年度のデータと比較して、年齢階級の分布に大きな変化は見られません。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

 DPCでは入院患者さんの情報が病気と治療方法(手術や処置など)によって2,873種類(包括対象外の分類も含む)の診断群に分類されます(平成26年度改定における数)。診療科ごとに患者数上位3つの診断群分類について集計しています。ただし、包括対象外となるDPC分類は集計に含まれません。指標に示されるそれぞれの項目に関しては以下の通りです。

DPCコード

 診断群分類を表すコードです。病気と治療方法の組み合わせによって分類されますので、同じ病気でも治療方法が違えばDPCコードは異なります。

名称

 どのような病気と治療方法で分類されているかを表します。

平均在院日数(自院)

 病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。

平均在院日数(全国)

 厚生労働省より公表されている平成27年度における全国のDPC対象病院の在院日数の平均値です。

転院率

 該当する患者数の内、当院から他の病院に移動して継続入院(転院)することとなった患者さんの割合です。

 

循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症などの心臓カテーテル検査 182 4.57 3.07 1.10% 67.80 -
050050xx0200xx 狭心症などの冠動脈形成術(心臓カテーテル治療) 49 6.63 4.87 2.04% 66.86 -
050130xx99000x 心不全の治療 46 18.28 18.30 19.57% 81.91 -
 循環器内科の最も多い症例は狭心症などに対する心臓カテーテル治療のための入院、および治療前、治療後の心臓カテーテル検査のための入院で、合わせて全患者数の3割以上を占めます。なお、心臓カテーテルによる治療は狭心症だけではなく、心筋梗塞などの症例でも施行されます。
 また、患者数が3番目に多いのは心不全の治療となります。心不全の患者さんの平均年齢は80歳を超え、後期高齢者の患者さんが多くなっていることが分かります。このような患者さんの2割ほどは当院での治療後、転院して継続治療やリハビリをされています。
内分泌・糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病の血糖コントロール教育入院 82 14.93 15.35 0% 62.72 -
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症などの検査、治療 19 12.68 6.55 0% 56.79 -
100250xx99101x 下垂体機能低下症などの検査、治療 13 8.92 10.55 7.69% 56.08 -
 内分泌・糖尿病内科の症例で最も多いのは、糖尿病の教育、合併症検査の入院です。その結果に基づいて、最適な治療法を決定することが目的です。また、血糖値の高い患者さんが外科、眼科など他診療科で手術をする前に、入院にて血糖コントロールを行う場合もあります。
 患者数が2番目に多いのは副腎皮質機能亢進症などの検査、治療となります。内分泌・糖尿病内科では、下垂体、副腎、甲状腺などの内分泌疾患の検査、治療を脳神経外科、泌尿器科、耳鼻いんこう科など他診療科と連携しながら行っています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 15歳以上の肺炎の治療 104 12.55 14.34 20.19% 71.79 -
040040xx99100x 肺癌の検査、治療 61 4.72 3.29 3.28% 71.28 -
040040xx9904xx 肺癌の化学療法 33 22.55 13.38 12.12% 71.06 -
 呼吸器内科では肺炎治療の患者さんが最も多くなっています。肺炎の患者さんは高齢になるほど重症になる傾向があり、2週間以上の入院となることが多いです。肺炎のデータに関しては、「指標4.成人市中肺炎の重症度別患者数等」もご参照ください。
 呼吸器の癌として最も多いのが肺癌です。呼吸器内科では、診断のための気管支鏡検査を目的とした入院や化学療法目的の入院などがあります。肺癌の化学療法を導入する入院では、副作用などを観察しながら治療を行い、3週間以上の入院となることもしばしばあります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆石、胆管炎の治療 185 10.85 10.93 5.95% 70.68 -
060100xx03xx0x 大腸良性腫瘍の内視鏡的治療 151 3.39 2.76 0% 64.85 -
060020xx04x0xx 胃癌の内視鏡的治療 90 10.13 9.20 0% 70.22 -
 消化器内科の最も多い症例は胆石や胆管炎といった胆道疾患になります。胆石で胆管が詰まって炎症を起こすなどが典型的な症例で、胆管をチューブで広げる、胆石を除去する、膿瘍を取り除くなどの治療が内視鏡を用いてもしくは経皮的に行われます。
 次いで多い症例が大腸腺腫や大腸ポリープに対する内視鏡的治療(ポリペクトミーなど)となります。大腸内にできた良性腫瘍を内視鏡を用いて摘出する治療です。なお、大腸良性腫瘍の内視鏡的治療症例のなかには包括対象外でこの指標の集計対象外となる症例が多くあり、指標6の手術集計では最も多い件数となっています。
 他に消化管の内視鏡的治療の一例として、胃癌に対する治療があります。早期胃癌に対して上部消化管内視鏡(胃カメラ)を用いて治療を行います。粘膜下層剥離術(ESD)が主な治療方法となっています。
 また、当院は炎症性腸疾患センターを設置しており、炎症性腸疾患(IBD:クローン病や潰瘍性大腸炎など)の治療は一つの大きな特徴です。消化器内科のクローン病および潰瘍性大腸炎を集計した患者数は236件(包括対象外のデータを含む)となり、多くの患者さんが入院されています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 15歳未満の細菌性肺炎の治療 240 7.83 5.72 0% 3.18 -
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎の治療 146 6.68 5.54 0% 1.54 -
040100xxxxx00x 気管支喘息の治療 106 6.73 6.31 0.94% 4.54 -
 小児科では肺炎や気管支喘息といった小児呼吸器疾患の症例が多くなっています。特に肺炎は患者さんの平均年齢が1歳~3歳ほどであり、小さなお子さんの呼吸器治療の重要性が分かります。
 なお、退院後はかかりつけの医院に退院後のフォローをお願いすることが多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx0100xx 大腸癌の手術 43 18.74 17.41 6.98% 65.56 -
060335xx0200xx 胆嚢炎などの手術 33 9.33 7.84 3.03% 60.48 -
040040xx97x0xx 肺癌の手術 33 11.52 13.03 6.06% 68.33 -
 外科で最も多い症例は大腸癌になります。患者さんの経過の一例としては、消化器内科で検査を行った後に外科に入院し、手術を行い、化学療法のために計画的に短期入院を繰り返すというものが挙げられます。
 胆嚢炎、胆石症などの胆道疾患の手術として、腹腔鏡下胆嚢摘出術を行う入院があります。まずは消化器内科に入院して炎症を治め、一旦退院した後、外科に再入院して手術を受けていただくこともあります。
 外科では消化器や呼吸器の手術、手術前および手術後の化学療法、手術後の定期的なフォローなど治療部位や治療内容ごとに多種多様な症例が存在します。患者数上位3つの症例を合計しても外科集計数(824件)の1割強にとどまるのは、そのような理由によります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 大腿骨骨折の手術 89 23.57 28.70 85.39% 82.67 -
160610xx01xxxx 肩腱板断裂の手術 70 18.26 22.19 98.57% 67.81 -
160760xx97xx0x 前腕骨折の手術 44 6.50 5.70 6.82% 54.07 -
 整形外科では、肩の腱板断裂を手術する目的で入院される患者さんが2番目に多くなっています。肩関節障害の治療は当院整形外科の特徴の一つです。
 手術が必要な骨折による入院患者さんも多く、大腿骨骨折や前腕骨折の病名が挙げられます。平均年齢を見ると、大腿骨の骨折は高齢の患者さん、前腕骨折は比較的若年層の患者さんであることが分かります。高齢の患者さんが転倒などで大腿骨を骨折された場合、在院日数が比較的長くなることが多いです。高齢の患者さんの多くが手術後に継続リハビリを目的として、リハビリ治療をより専門とする病院に転院されています。その一方、若年層の患者さんがスポーツや事故などで前腕を骨折された場合は、手術を行い1週間前後の比較的短期間の入院で自宅に帰られる傾向が見られます。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 脳動脈瘤の検査入院 143 3.65 3.15 0% 61.98 -
010030xx03x00x 脳動脈瘤の脳血管内手術 79 12.54 10.08 0% 64.04 -
010070xx9910xx 脳動脈狭窄、閉塞の検査 72 4.26 3.02 0% 70.35 -
 脳神経外科では、脳動脈瘤に対する検査や手術のための入院が最も多い症例となっています。脳動脈瘤とは、脳の血管に瘤が出来る病気で、この瘤が破裂するとくも膜下出血を起こしてしまいます。脳動脈瘤が破裂する前に検査、治療を行い、出血を防ぐよう努めています。検査入院では脳血管造影などを用いて、手術前の脳動脈瘤の状態を確認し、治療方針を計画します。当院では脳動脈瘤の治療として、脳血管内手術が多くなっています。これは、開頭をせずに、大腿の血管から脳まで管を通して、脳動脈瘤にコイルを詰めて塞ぐ手術です。手術後一定期間が経ってから、脳動脈瘤の再発がないかなどを確認するために、再度検査入院をすることもあります。
 内頚動脈狭窄症など脳動脈狭窄の検査目的の入院も指標に挙げられています。脳動脈瘤の入院と同様、治療前や治療後の検査を行う入院があります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 尿管結石、腎結石の治療 28 2.00 2.89 0% 55.61 -
110070xx02020x 膀胱癌の経尿道的手術 化学療法を伴うもの 23 8.39 8.02 0% 72.43 -
110070xx0200xx 膀胱癌の経尿道的手術 化学療法を伴わないもの 21 7.76 7.59 4.76% 74.76 -
 泌尿器科では尿管結石、腎結石の治療を受けられる患者さんが最も多くなっています。最近では体外衝撃波結石破砕術を施行することが増えてきています。この入院は基本的に1泊2日の入院となっています。
 次いで、膀胱癌の経尿道的手術目的の患者さんが挙げられます。DPCにおいて、膀胱癌で経尿道的手術を行う分類は、その入院中に化学療法(抗がん剤治療)を行ったかどうかで別のものになっています。指標では化学療法を伴うもの、伴わないものそれぞれが挙がっています。
 膀胱癌の手術には経尿道的手術の他に開腹手術が施行されることもあります。また、手術後に切除された病変の病理診断結果を勘案して推奨される2度目の経尿道的手術なども行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離の手術(片側) 40 16.70 11.08 0% 58.35 -
020180xx97x1x0 糖尿病性網膜症の手術(片側) 24 17.54 11.87 0% 57.50 -
020200xx9711xx 黄斑円孔、網膜前膜の手術 17 14.47 11.07 0% 68.88 -
 眼科の入院はほとんどが手術目的となります。最も多い症例は白内障で、眼科の全患者数(集計対象外も含む患者数)の半数を占めます。しかし、白内障手術の入院は包括対象外のデータであるため、上記の表には挙げられていません。
 指標上で多い症例が網膜剥離や糖尿病網膜症などの網膜・硝子体疾患で、眼科集計数(157件)の4割に及びます。これらの疾患は白内障とは異なり、放置することで失明の危険性がある重篤な疾患であり、治療に力を入れています。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 慢性扁桃炎、アデノイド増殖症の手術 53 9.87 8.20 0% 16.70 -
030150xx97xxxx 喉頭、耳下腺の良性腫瘍の手術 34 9.26 7.94 0% 56.29 -
030240xx99xxxx 喉頭炎、急性扁桃炎の治療 28 7.54 5.53 3.57% 48.21 -
 耳鼻いんこう科で最も多い症例は慢性扁桃炎、アデノイド増殖症で、口蓋扁桃摘出術やアデノイド切除術を行う患者さんになります。この症例の平均年齢は16歳ほどとなっており、小児期の患者さんが多くなっています。耳鼻いんこう科では、他に小児疾患治療として、中耳炎の診療なども行っています。診療科全症例の平均年齢は45歳ほどとなっており、比較的若年層に多い疾患を手掛けています。
 その他、耳鼻いんこう科領域の腫瘍に対する治療、検査があります。喉頭や耳下腺、鼻腔、副鼻腔などにできた腫瘍を摘出して、治療、診断を行います。
救急科
 平成26年度より当院に救急科が設置されました。救急医療を専門的に行う診療科として、心肺停止事例や重症中毒事例などに対応します。
 救急科の集計対象となる件数は10未満であり、数値、各項目は表示しません。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

 5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を初発のUICC病期分類別、および再発に分けて集計しています。「初発」とは、当院において、その癌の診断あるいは初回の治療を実施した場合を指します。「再発」とは、当院もしくは他院で初回治療が完了した後に当院にて診療する場合や、治療後に再発、再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。集計は、平成27年度中に退院した延患者数となっています。つまり、集計対象期間中に複数回入院された患者さんは複数例としてカウントしています。

UICC病期分類

 国際対がん連合(UICC)によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つの要素によって各癌をⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。

 

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 116 12 12 21 - 30 1 6,7
大腸癌 57 21 52 90 - 42 1 6,7
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 28 14 31 55 52 17 1 7
肝癌 22 11 - - - 83 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 当院は消化器内科・外科では胃癌、大腸癌、肝癌の患者さんを、呼吸器内科・外科では肺癌の患者さんを多く診療しています。特に胃癌は早期であるⅠ期の患者さんの割合が高くなっています。これは、癌ができるだけ早期のうちに内視鏡的治療や腹腔鏡下治療といった比較的患者さんへのダメージの少ない治療を行うことによって、患者さんの負担を減らそうという試みが表われていると言えます。
 また、Ⅲ期やⅣ期といった患者さんの数も少なくはなく、手術や化学療法など患者さんの状態に合わせた幅広い治療を実施しています。大腸癌や肺癌のⅣ期の患者さんのなかには、数週間~1ヶ月ごとに化学療法目的の入院を繰り返す方がいらっしゃいます。今回、延患者数による集計を行ったため、大腸癌や肺癌のⅣ期の割合が高くなっています。
 肝癌は治療後に再発することが多い病気です。当院の患者さんも肝癌初発治療後の再発として、入院治療される方の割合が多いことが分かります。
 なお、UICC病期分類が不明に分類されている症例については、治療前の検査入院に該当する患者さんが多くなっています。入院中に検査結果が出ていなかったり、遠隔転移の有無の評価を退院後にする方針であったりして、当該入院中の情報だけでは病期分類ができていないことなどが理由として挙げられます。特に肺癌の検査入院ではその傾向があります。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

 成人の市中肺炎の患者さんの人数を重症度別に集計しました。成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システムを用いています。この指標では細菌による肺炎を集計しており、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外となっています。また、成人の肺炎の指標なので、小児肺炎も集計対象外となります。

市中肺炎

 普段の社会生活の中でかかる肺炎のことです。

平均在院日数

 病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。

 

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 24 9.29 50.25
重症度 1 25 12.52 72.84
重症度 2 23 17.83 80.48
重症度 3 17 14.65 83.71
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
 成人市中肺炎診療ガイドラインでは重症度0が軽症、1および2が中等症、3が重症、4および5が超重症と定められています。
 患者数が最も多いのは中等症(重症度1~2)ですが、他の重症度の患者さんも存在します。重症度が上がるごとに治療に日数が長くなる傾向にあります。
 また、軽症(重症度0)の患者さんの平均年齢が50歳ほどであるのに比べて、中等症~重症(重症度1~3)では平均年齢が後期高齢者の年齢層になっており、市中肺炎は年齢が上がるごとに重症化していることが分かります。
同ガイドラインでは軽症(重症度0)は外来治療が推奨される重症度となっており、入院加療の適応ではないことがあります。しかし、軽症の患者さんであっても先天疾患があったり、癌の既往があったりして重症化を危惧され入院となるケースもあります。
 なお、この指標には表されておりませんが、重症および超重症(重症度3~5)の患者さんの約7割が救急車によって搬送されています。主に呼吸器内科にて、重症肺炎患者さんの救急受け入れを行っています。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

 脳梗塞等の分類にあたる患者さんをICD10コード別に集計しました。

ICD10コード

 国際疾病統計分類-第10回修正(ICD10)に基づいて、様々な傷病名が分類され、コード化されています。例えば、「I633(コード)」といえば「アテローム血栓性脳梗塞(病気)」といったように、コードによってその病気が表されています。

平均在院日数

 病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。

転院率

 該当する患者数の内、当院から他の病院に移動して継続入院(転院)することとなった患者さんの割合です。

 

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 11 6.18 71.45 0%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 184 23.11 74.88 41.50%
その他 16 15.75 72.81 43.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 114 7.65 70.70 1.64%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 22 6.27 60.91 0%
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - 10 11.60 24.30 0%
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
 脳梗塞等の分類にあたる患者さんの集計なので、ほとんどが脳神経外科に入院された患者さんになります。とりわけ、I63$(脳梗塞)に分類される症例の割合が高く、特に発症日から3日以内の急性期脳梗塞が集計対象全体の5割近くを占めます。
 急性期脳梗塞の患者さんの平均年齢は75歳に近く、いわゆる後期高齢者の方が多くなっています。平均して20日間程度の入院期間で治療とリハビリを行い、自宅もしくは施設に帰られるか、4割ほどの患者さんが継続リハビリのためによりリハビリを専門とする病院に転院されています。
 脳梗塞は発症3日以内の患者さんの割合が高い一方、I65$およびI66$に分類される脳動脈狭窄、閉塞(脳梗塞に至らないもの)の患者さんは発症3日以内ではない方の数が多くなっています。これらは症状がない場合があり(もちろん症状がある場合もあります)、偶然発見され、検査、治療を行われる症例があります。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

 診療科ごとの手術について患者数上位3つを集計しています。手術(処置)のなかで輸血、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術は集計対象外となっています。指標に示されるそれぞれの項目に関しては以下の通りです。

Kコード

 手術術式の点数表コードです。

名称

 手術術式の名称です。

平均術前日数

 入院日から手術日までの日数の平均です。手術日当日は含まれません。

平均術後日数

 手術日から退院日までの日数の平均です。手術日当日は含まれません。

転院率

 該当する患者数の内、当院から他の病院に移動して継続入院(転院)することとなった患者さんの割合です。

 

循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 57 4.28 5.95 5.26% 67.46 -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 23 4.00 3.48 0% 72.52 -
K597-2 ペースメーカー交換術 18 2.44 8.06 0% 83.39 -
 循環器内科では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術という心臓カテーテル治療の患者数が多くなっています。心臓カテーテル治療は、腕や足の血管から心臓まで管を通して病変を治療する方法です。即日入院して緊急で行う場合や検査と同時に行う場合、検査から日数を空けて行う場合、検査して一旦退院してから再入院して行う場合など患者さんの状況に合わせて様々なタイミングで手術が行われます。
 四肢の血管拡張術・血栓除去術では冠動脈(心臓の血管)以外の血管(今回の集計では主に下肢の血管)のカテーテル治療です。
 ペースメーカー交換術は、ペースメーカーの電池が消耗した際の電池交換のための処置になります。
内分泌・糖尿病内科
 内分泌・糖尿病内科の集計対象となる件数は10未満であり、数値、各項目は表示しません。
呼吸器内科
 呼吸器内科の集計対象となる件数は10未満であり、数値、各項目は表示しません。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 235 1.12 1.15 1.28% 64.91 -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 157 1.04 9.34 12.10% 72.69 -
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術 長径2センチメートル未満 140 1.29 1.21 0% 64.86 -
 消化器内科では、大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術の患者数が最も多くなっています。大腸ポリープ治療目的の2泊3日入院が典型的な症例です。また、この手術は腫瘍の部位や大きさによって分類されていて、類似手術の患者数を合計すると438件となります。
 内視鏡的胆道ステント留置術は胆道疾患に対して行われる手術です。これは様々な病態で狭窄した胆道にチューブを通して拡張し、胆汁の流れを良くする手術です。この手術は、胆石症に対する内視鏡的胆道結石除去術などの他の手術の前段階として行われることも多く、術後日数が長くなる傾向にあります。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 20 3.40 6.05 0% 1.05 -
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの - - - - - -
K060-31 化膿性又は結核性関節炎掻爬術 肩、股、膝 - - - - - -
 小児科の入院患者さんで手術として扱う中では中耳炎に対する鼓膜切開術が多くなっています。中耳炎の治療が目的で入院する患者さんもいれば、肺炎などの呼吸器症状に中耳炎を合併して発熱する患者さんもいます。小児科に入院中に耳鼻いんこう科の診察を受け、必要があると判断されれば鼓膜切開術を受けていただいています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 39 1.62 4.18 0% 67.26 -
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 38 2.13 6.08 2.63% 59.89 -
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 31 5.58 16.61 6.45% 70.03 -
 外科では鼠径ヘルニアに対する手術が最も多くなっています。鼠径ヘルニア手術目的の入院は包括対象外となるので、指標2の診療科別患者数集計では集計されていません。
 胆嚢炎や胆石症などの胆嚢疾患に対して、胆嚢摘出術を行っています。急性胆嚢炎を起こされた患者さんは、まず内科的な治療で炎症を改善させて一旦退院し、改めて外科に手術目的に再入院するケースが典型的です。胆嚢摘出術は腹腔鏡視下で試行されることが多く、手術に対する患者さんの負担をできるだけ小さくするように努めています。
 大腸癌や炎症性腸疾患(クローン病や潰瘍性大腸炎)などに対する結腸切除術が指標に挙がっています。炎症性腸疾患の治療は当院の大きな特徴の一つです。消化器内科と連携して治療を進めています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 43 6.28 14.33 81.40% 80.26 -
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 39 4.15 16.67 89.74% 73.38 -
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術 簡単なもの 36 1.28 14.33 100% 65.33 -
 整形外科では上腕骨や大腿骨の骨折に対する手術が最も多くなっています。骨接合術を行うことで早期離床を目指しています。大腿骨転子部・頚部骨折においては、提携病院との間でスムーズな連携を行えるように努めています。
 指標2の診療科別患者数集計で肩腱板断裂の患者さんが多く挙がっていたように、手術件数も肩腱板断裂手術が指標に挙がっています。肩腱板断裂手術に関しては、特に関節鏡視下で行う手術が9割以上を占め、患者さんの負担が比較的少なくてすむように努めています。
 どの手術も術後の観察とリハビリを2週間ほど続け、その後の継続リハビリとして、リハビリ病院への転院をお願いすることが多くなっています。そのため、整形外科では転院率が高くなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 50 1.18 14.32 28.00% 76.54 -
K1781 脳血管内手術 1箇所 49 3.51 13.00 14.59% 62.76 -
K1783 脳血管内手術 脳血管内ステントを用いるもの 47 4.19 11.17 4.26% 62.64 -
 脳神経外科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。慢性硬膜下血腫に対して、頭蓋から血腫を洗浄除去する手術です。高齢の患者さんの割合が高く、入院後緊急での手術となることも少なくありません。手術後の状態が落ち着くと、継続治療およびリハビリのために転院する患者さんが4分の1ほどいらっしゃいます。
 次いで多いのが脳血管内手術です。大腿の血管から脳まで管を通して病変を治療する方法です。脳動脈瘤に対するコイル塞栓術が主な症例になります。当院では脳動脈瘤の治療の第一選択を開頭手術ではなく、この脳血管内手術としています。
 脳血管内手術は脳血管内ステントを用いるかどうかで集計が分かれます。脳血管内ステントを用いた脳血管内手術も指標に挙げられます。脳血管内ステントは、動脈瘤頸部の広い脳動脈瘤の治療時に親動脈にステントを留置し、塞栓したコイルが親動脈に落ちるのを防ぐためのものです。以前まで血管内治療が難しかった症例も治療可能となってきました。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 45 1.47 5.60 2.22% 73.56 -
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 28 0 1.00 0% 55.61 -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 28 2.18 10.78 25.00% 76.64 -
 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術は膀胱癌に対する手術です。尿道から内視鏡を挿入して腫瘍を切除します。開腹による腫瘍切除手術に比べて患者さんの体への負担が少ない治療方法です。
 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術は尿路結石を衝撃波により細かく砕き、体外への排出を容易にするための治療です。当院では平成25年から施行可能になりました。ほぼ入院当日に治療を行い、翌日に退院となります。
 経尿道的尿管ステント留置術は腎臓と膀胱をつなぐ管である尿管が腫瘍、結石など何らかの原因で狭くなったり、塞がってしまったりする状態を改善するための治療です。ただし、原因となっている腫瘍や結石などがこの治療のみで治るわけではありません。原因疾患の治療として上記のような膀胱悪性腫瘍手術等が挙げられます。
 患者さんの状態に合わせた治療法を選択し、病気の根治と患者さんの生活の質を考慮した治療を行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 242 1.10 1.57 0% 73.13 -
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 49 1.88 12.69 0% 64.67 -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 35 1.11 13.09 0% 60.20 -
 眼科では、白内障に対する手術である水晶体再建術が集計対象手術件数(407件)の約6割を占めます。また、指標には表されていませんが、入院せずに外来で白内障手術を行う日帰り手術も平成26年から施行し始めています。これにより、入院の必要な白内障患者さんの入院順番待ちが短縮できるように努めています。
 次いで挙げられるのが、硝子体茎顕微鏡下離断術です。増殖糖尿病網膜症や網膜剥離、黄斑円孔などの網膜硝子体疾患に対する手術です。
 患者さんの状態によっては、上記の白内障手術と硝子体手術を同時に行うこともあります。
耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 50 1.12 8.00 0% 18.78 -
K319 鼓室形成手術 24 1.08 14.46 0% 37.08 -
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 18 1.83 4.22 0% 53.17 -
 耳鼻いんこう科の手術で最も多いのは、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出術です。扁桃炎にアデノイド増殖症を伴う場合は、アデノイド切除術を同時に行うこともあります。小児期の患者さんに行うことが多い手術です。
 鼓室形成手術は慢性中耳炎などに対する手術で、穿孔した鼓膜や耳小骨の修復を行うことで聴力や耳漏の改善を目的としています。
 喉頭腫瘍摘出術は喉頭直達鏡を用いて声帯ポリープなどを摘出する手術です。
 どの手術も外来で必要な検査を進め、予定入院とし、入院後ほぼ1~2日目に手術を行っています。
救急科
 救急科の集計対象となる件数は10未満であり、数値、各項目は表示しません。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

 DIC(播種性血管内凝固症候群)、敗血症、真菌症、手術・処置等の合併症の患者数と発生率を集計しました。

DPCコード

 14桁あるDPCコードのうち、6桁で集計しています。DPCコード6桁とは病名による分類を表しており、治療方法は分類に関連しません。

DIC(播種性血管内凝固症候群)

 感染症などによって起こる、全身性の重症な病態です。治療に大きな医療資源が投入されるため、該当するDPCで高額な点数が設定されています。

敗血症

 感染症によって起こる、全身性炎症反応の重症な病態です。治療に大きな医療資源が投入されるため、該当するDPCで高額な点数が設定されています。

真菌症

 真菌による感染症です。

手術・処置等の合併症

 手術や処置などに一定割合で発生してしまう病態です。術後出血や創部感染などが挙げられます。合併症はどのような術式でもどのような患者さんでも一定の確率で起こり得るもので、医療ミスとは異なります。

入院契機

 DPCコードにて分類される包括請求の対象となる病気(DPC病名)とは別に、入院の契機となった病気(入院契機病名)がそれぞれの入院患者さんにつけられています。DPC病名と入院契機病名が「同一」か「異なる」かにより分けて集計しています。「同一」ということは、ある病気の診療目的で入院して、その病気の治療を行ったということを表します。一方「異なる」ということは、ある病気の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは入院中に発症した違う病気(この指標の場合は、DIC(播種性血管内凝固症候群)や敗血症、手術・処置等の合併症)による治療が主だったものになってしまったことを表します。

発生率

 全入院患者さんのうち、該当するDPCで入院費の請求となった患者さんの割合です。

 

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 14 0.19%
異なる 18 0.24%
180010 敗血症 同一 17 0.23%
異なる 21 0.28%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 33 0.44%
異なる - -
 DIC(播種性血管内凝固症候群)や敗血症は、DPCで高額な点数が設定されている(入院医療費が高くなる)ため、臨床的に根拠のある診断でなければアップコーディング(不適切な入院医療費請求)を疑われかねないDPC病名とされています。
 当院のデータでは全体のうち、播種性血管内凝固症候群が0.43%、敗血症が0.51%でした。平成26年度(播種性血管内凝固症候群0.40%、敗血症0.43%)と比べて、ともに増加傾向にあります。この点については、更に経年的に状況を確認していく必要があります。
 当院ではDPCを播種性血管内凝固症候群とする際は、臨床的に根拠のある診断を基に投入された医療資源を勘案して、入院医療費請求を行うよう努めています。
 播種性血管内凝固症候群および敗血症について、DPC病名と入院契機病名が異なる場合の入院契機病名として挙げられるのは、癌、呼吸器疾患、胆道系疾患、消化管疾患などでした。癌や感染症で入院後も全身状態が悪化して播種性血管内凝固や敗血症といった重症な病態になってしまった症例です。

 手術・処置等の合併症については、ほとんどがDPC病名と入院契機病名が同一である症例でした。つまり、手術・処置などの合併症を主訴として入院され、治療を受ける入院患者さんが多いということです。
 手術・処置等の合併症にあたる症例としては、手術後に手術創や腹腔内に感染が起こってしまう術後感染症、胃や大腸の内視鏡的治療後の消化管出血、検査のために使用した造影剤によるショックなどでした。
 手術や処置等は合併症を起こさないように細心の注意を払って施行しています。しかし、合併症はどうしても一定の確率で起こり得ます。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明したうえで、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
更新履歴
2016年09月29日
平成27年度版病院指標を公開しました。
福岡大学筑紫病院
福岡県筑紫野市俗明院1-1-1 TEL:092-901-1011 FAX:092-929-2630
Copyright © Fukuoka University Chikushi Hospital. All Rights Reserved.