ホーム文化・スポーツイベントスケジュール > 〔学生取材コラム〕第56回学術文化祭ー「華」開くー

イベントスケジュール

〔学生取材コラム〕第56回学術文化祭ー「華」開くー

2015.06.19

学術文化部会主催「第56回福岡大学学術文化祭」が、6月22日(月)から26日(金)まで本学キャンパスで開催されます。この学術文化祭は、本学所属の文化系団体(公認サークル)に所属する学生約1,600人が、日ごろの練習・稽古の成果を地域の皆さまに向けて発信する年間最大行事です。

その最大行事を取りまとめる学術文化部会幹事長の松尾修平さん(人文学部日本語日本文学科4年次生)に、学生広報サポーターの原口花恵さん(人文学部文化学科3年次生)が、学術文化祭や学術文化部会の魅力について、話を聞きました。

00_line-top.gif

挑戦することを恐れず、変化を受け入れ、何かをやり遂げる。それは学術文化部会において、学生が手にすることのできる重要な経験の一つだ。学術文化祭は、多種多様な各部の活動の特色や成果などを最大限に発揮できる場である。「学術文化部会の魅力を知ってもらい、学生がここまでできるということ、学生のエネルギーを感じてほしい」と松尾さんは語る。

今年のテーマは「華火」。一瞬の華やぎの後、すぐに消えてしまうが、見る人に「また見たい、名残惜しい」と思わせる花火になぞらえたもので、「華」という漢字を当てているのは、展示・発表、そして学術文化祭自体を華やかなものにしたい、との思いが込められている。

学術文化祭は主に、学生が普段行っている研究や活動成果を発表する「各部展示発表」、著名人(今年は島田洋七氏)を招いての「講演会」、フィナーレを飾る「音楽の夕べ」の3つの柱で構成されている。「音楽の夕べ」では、音楽系のサークルの発表や落語・能楽といった日本の伝統芸能を見ることができ、今年は演劇部も出演するとあって華やかさも一層である。

学生たちが何か一つのことに真摯に向き合っていく中で、一緒に何かを共有・達成し、運営や企画を自分たちの手で行うことによって人間的に成長していけるのも、サークル活動が盛んな福岡大学ならでは。「学生生活は4(または6)年間しかない。学術文化部会を選んだからには、楽しみ、良い経験をしてほしい。失敗を恐れず、何にでも挑戦していくことが大切」と語る松尾さんも、価値観の違う大勢を率いる中、自分が正しいのかどうか、組織のためになるのかを迷いながら思考し続け、さまざまなことに挑戦し、経験を経て自信につながっているという。

受け継いできた伝統を重んじ、継承しながらも固執せず新しい風を起こし、今までの体制を研ぎ澄ませながら前へ前へと進んでいく学術文化部会。ぜひ足を運んで、学生のエネルギーが「華」開く瞬間を目にしてほしい。

20150617-6.JPG

インタビューを受けた学術文化部会幹事長の松尾さん

20150617-5.JPG

学文祭を支える幹事会と常任幹事会のメンバー

【学生広報サポーター・原口 花恵(人文学部文化学科3年次生)】

01_line-under.gif

<関連リンク>
●【ご案内】第56回学術文化祭を開催します(6/22~26)はこちら
●【ご案内】第56回学術文化祭「音楽の夕べ」を開催します(6/28)はこちら

他のおすすめコンテンツ

ニュース

2017.09.25

【テレビ放映のお知らせ】ABC朝日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」に福岡大学病院内分泌・糖尿病内科の柳瀬敏彦教授が出演します(9/26 19時~)

福岡大学病院内分泌・投票病内科の柳瀬敏彦教授が「名医とつながる!たけしの家庭の医学」(ABC朝日放送)に出演します。 記 【放送日時】 9月26日(火)19時~ ※放送局の都合で変更に...

入試関連ニュース

2017.09.21

平成30年度AO入試二次選考の合格発表について

AO入試(法学部)、AO入試(商学部・商学部第二部)、AO入試(スポーツ科学部)の二次選考合格発表は、9月22日(金)に郵送およびパソコン・スマートフォンでの照会にて行います。 郵送によ...

教育ニュース

2017.09.19

平成29年司法試験に福岡大学法科大学院修了生5人が合格

9月12日(火)、法務省から平成29年司法試験の合格者発表があり、福岡大学法科大学院の修了生5人が合格しました。 合格した5人は、本法科大学院入学以来、弛まぬ努力と研鑽を積み、厳しい司...